新聞広告掲載商品はこちら

カテゴリからお好みのワインを探す

ご利用について

14年連続ワイン通販国内売上No.1

シャンパン・スパークリングワインセール

シャンパン・スパークリングワインセール

超目玉ワインセット

特別なスパークリングワイン「シャンパーニュ」
シャンパーニュ地図 しばしば発泡性ワインの総称のように使われるシャンパーニュですが、正確にはフランス北東部の シャンパーニュ地方で、瓶内二次発酵方式で造られたワインだけがシャンパーニュと名乗れる のです。
一般的なスパークリングワイン(シャルマ方式)では、ワインを大きなタンクに入れて、その中で二次発酵を起こさせて醸造されるため、短期間で大容量のスパークリングを生産することに適しています。
シャンパンは、ワイン1本1本の瓶の中で、二次発酵を起こし、圧倒的な手間をかけ、生産されています。シャンパンが持つ奥深さ、複雑さ、ふくよかな味わいはシャンパーニュ地方独自の土壌、醸造方法から生まれます。
その昔フランスでは、飲み干したシャンパーニュのグラスを放り投げて割る習慣がありました。「これは、私だけの祝いの酒であり、このグラスは誰にも使わせない」という意味があったそうです。それだけシャンパーニュは特別で、華やかな席に欠かせないものだったことがうかがえます。

超目玉ワインセット

特別なスパークリングワイン「シャンパーニュ」
シャンパーニュ地図 しばしば発泡性ワインの総称のように使われるシャンパーニュですが、正確にはフランス北東部の シャンパーニュ地方で、瓶内二次発酵方式で造られたワインだけがシャンパーニュと名乗れる のです。
シャンパンは、ワイン1本1本の瓶の中で、二次発酵を起こし、圧倒的な手間をかけ、生産されています。シャンパンが持つ奥深さ、複雑さ、ふくよかな味わいはシャンパーニュ地方独自の土壌、醸造方法から生まれます。

目玉スパークリングワインセット

スパークリングワイン スパークリングワイン
スパークリングワイン(英語)というのは発泡性ワインのことで、世界の多くで造られています。フランスではシャンパーニュ地方以外でも発泡性ワインが造られていて、それらを総称してヴァン・ムスーと言っています。ヴァン・ムスーの中でも特に、ブルゴーニュやボルドー、ロワール、アルザス、ジュラ、コート・デュ・ローヌ地方で、シャンパーニュ方式で造られているものがクレマンというAOCになっています。
ひと口に「スパークリングワイン」といっても、世界の産地には実にさまざまな名称や製法、使用品種があり、多彩な個性にあふれています。もちろん、味わいもいろいろ。スティルワイン同様に、飲むシチュエーションに合わせてスパークリングワインも楽しみたいですね。

目玉スパークリングワインセット

スパークリングワイン
シャンパーニュ地図 スパークリングワイン(英語)というのは発泡性ワインのことで、世界の多くで造られています。フランスではシャンパーニュ地方以外でも発泡性ワインが造られていて、それらを総称してヴァン・ムスーと言っています。ヴァン・ムスーの中でも特に、ブルゴーニュやボルドー、ロワール、アルザス、ジュラ、コート・デュ・ローヌ地方で、シャンパーニュ方式で造られているものがクレマンというAOCになっています。

人気のスパークリングセット

人気のスパークリングセット

最安値挑戦中!有名シャンパン

有名シャンパン

スパークリングワインギフトセット

スパークリングワインギフトセット

ソムリエワイン講座

▲ シャンパンとスパークリングワインの違いとは?選び方のポイントとおすすめのシャンパン

シャンパンの選び方

シャンパンのイメージ図

1.生産者

シャンパーニュ地方の生産者には5つの業態があります。
1. RM(レコルタン・マニピュラン)
自家栽培のぶどうだけで製造する、いわば個人生産者。ブルゴーニュでいえば、ドメーヌに相当します。テロワールの特性を生かす造り方ができます。
2. NM(ネゴシアン・マニピュラン)
外部の畑からぶどうを一部、あるいは全部買い、製造する大規模なメーカー。有名なモエ・エ・シャンドン、クリュッグ、ヴーヴ・クリコなどが含まれます。
3. CM(コーポラティブ・マニピュラン)
生産者の協同組合。組合員が栽培したぶどうからシャンパーニュを造り、組合ブランドとして出荷します。
4. RC(レコルタン・コーポラティブ)
ぶどう栽培家の協同組合。組合員から原酒を買い、シャンパーニュを製造・販売。または、できあがったシャンパーニュを買って販売します。
5. SR(ソシエテ・ド・レコルタン)
同族のぶどう栽培家によって構成されるメーカー。同じ団体に所属する会員の畑のぶどうでシャンパーニュを製造します。

2.格付け

シャンパーニュ・コラン・キュヴェ・アリアンス シャンパーニュの格付け “エシェル・ド・クリュ”
ボルドーではシャトー(生産者)、ブルゴーニュでは区画で格付けされますが、シャンパーニュでは村で格付けされ、「グラン・クリュ」「プルミエ・クリュ」という2つの格上クラスがあります。
グラン・クリュ(特級畑)
100%の評価を受けた村(17村)の畑で収穫されたぶどうから造られたワイン
プルミエ・クリュ(一級畑)
90〜99%の評価を受けた村(42村)の畑で収穫されたぶどうから造られたワイン
パーセンテージはぶどうの買取価格を基準としたもので、その価格自体は1999年に廃止されましたが、現在も指標として残っています。プルミエ・クリュの中には、白ぶどうと黒ぶどうでパーセンテージが異なる村もあります。

3.グラス

他のワインとシャンパンと大きな違いは、味と同じように“泡”も命ということ。シャンパンの泡は宝石やきらめく星座の輝きにたとえられます。注いだときグラスの内側にできる小さな泡の輪は「真珠の首飾り」と呼ばれ、耳にグラスを傾けると可憐な泡の音が聞こえます。そんな泡の表情はグラスの形状によってだいぶ異なります。
バルーン型
ワイン用グラス。注いだ瞬間以外は、ほとんど泡立ちません。泡と酸味が強く感じられる形状で、シャンパンの魅力そのものを味わうというよりは、果実味や酸味等を分析的に知りたいときに使用します。
ソーサー型
ソーサーというのはお皿という意味。その名の通り、口が広く平べったい。「クープグラス」ともいう。立食パーティーなどでよく使われます。安定性が良いこと、泡をできるだけ飛ばして飲むということから、パーティー会場で好まれるようになりました。
フルート型
昔から使われているシャンパン専用のグラス。楽器のフルートのような形状。「トールグラス」ともいう。すらりと細長いデザインは、水圧がかかってたくさんの泡が立ち昇るのに都合が良い形状。気泡を目で楽しむのに適したグラスです。
フルート型(変型)
ソーサーとフルートの利点を集めたグラス。切り込みを鋭くしたことで泡に活気が出て、よりきれいに昇ります。シャンパンの魅力である泡と果実味の活力が最後まで損なわれません。シャンパンのすべてを表現するのに最高のデザイン。
グラスの種類バルーン型、ソーサー型、フルート型、フルート型(変型)