カテゴリからお好みのワインを探す

ご利用について

ロバート・パーカー高評価ワイン特集

ロバート・パーカー高評価ワイン特集

世界でもっとも影響力のあるワイン評論家、ロバート・M・パーカー Jr.氏。
ワイン情報誌「ザ・ワイン・アドヴォケート」でワインをテイスティング評価する
パーカーポイントは、ワインの売れ行きや価格を左右するほどに。
そのパーカー氏が高得点を与えたワインをご紹介いたします。
ロバート・パーカーとは?
ロバート・パーカーとは?
ロバート・パーカー 世界でもっとも影響力のあるワイン評論家
1947年アメリカ・メリーランド州ボルチモア生まれ。元弁護士。ワイン好きが高じ、消費者の立場からワインの本を書いてみたいと考え、1978年にワイン小売業者向けに自主独立のワイン情報誌「ザ・ボルチモア・ワシントン ワイン・アドヴォケート」を創刊(後に「ザ・ワイン・アドヴォケート」と改称)。100点満点でワインをテイスティング評価するパーカーポイント(詳細は後述)を編み出し、それまでのワイン業界の常識を覆す衝撃を与えました。  そして、ワイン文化の発展に貢献した功績により、フランス大統領からレジオン・ドヌールの十字騎士勲章とメリット勲章を受けました。彼の驚異的な試飲能力と記憶力を称し、“世界一の舌” “神の舌を持つ男”の異名を持っています。

パーカーの評価でワインの値段が変わる?!
ロバート・パーカーの圧倒的に的確なテイスティング能力により、現在のワイン業界はパーカーポイントを非常に重視し、ワインの売れ行きを左右するまでになっています。特にボルドーのプリムール(新酒の先物取引)では顕著で、5大シャトーなどの1級シャトーでさえ、パーカーポイントの発表を待って売価を決めるのが実状です。
 英国王立経済会議は2005年、「パーカーの評点はボルドーワイン1本の価格を15%押し上げる効果がある」と発表。「ザ・ワイン・アドヴォケート」及びパーカーポイントの成功により、彼は現在の地位を築き、大きな影響を与えています。
ロバート・パーカーとは?
ロバート・パーカーとは?
公平なワインの選択に不可欠な尺度
「ザ・ワイン・アドヴォケート」には広告が一切ありません。だからこそ、価格や生産者も関係なく、中立で客観的に採点されるパーカーポイントが大きな支持を集めています。また、それまで評価や解釈がむずかしかったワインの味わいを、単純明快な100点法で分かりやすく説明し、世界中にワインを広めたのは、まぎれもなくパーカーの功績です。

ロバート・パーカー
ロバート・パーカー
パーカーポイントの評価方法
パーカーが評価に値するとしたワインであれば、すべて50点の持ち点が与えられます。それに次のような評価点が加えられます。
◆ワインの総合的な色と外見に
1~5点
◆アロマ(原料のぶどうの香り)とブーケ(熟成してできた香り)の強さと複雑さ、清潔さに
1~15点
◆風味と後味は、味の強さと調和と清潔さ、後味の深さと長さを見て
1~20点
◆全体の質のレベル、また若いワインの場合は将来の熟成と進歩の可能性に
1~10点
以上、すべて最高点を獲得すれば100点が与えられます。少なくとも本当に良いワインとされるのは85点以上のものであり、その割合は世界中のワインの中でほんの1%にしか過ぎず、非常に貴重なワインといえます。

パーカーポイント 100~96点

パーカーポイント 95~90点