2024春カタログ

カテゴリからお好みのワインを探す

ご利用について

15年連続ワイン通販国内売上No.1

ドメーヌ・ド・リル・マルゴー・オーガニック’19(ACボルドー・シュペリュール)(赤・FB)

4,378円税込

  • ドメーヌ・ド・リル・マルゴー・オーガニック’19(ACボルドー・シュペリュール)(赤・FB)

ドメーヌ・ド・リル・マルゴー・オーガニック’19(ACボルドー・シュペリュール)(赤・FB)

ジロンド河にぽっかり浮かぶマルゴー島で造られる魅惑のボルドー・シュペリュール

3,980円(税込4,378円)

1本あたり4378円(税込)

お届け予定日 2024年3月7日(木) 前後
  • タイプ 赤ワイン
  • 生産国 フランス
  • 生産地 その他
  • 味わい フルボディ
  • 本数 1本
シャトー・マルゴーのすぐ隣!マルゴー島の自然が生み出す神秘のワインドメーヌ・ド・リル・マルゴー・オーガニック’19 (ACボルドー・シュペリュール/赤・フルボディ)ドメーヌ・ド・リル・マルゴー・オーガニック’19 (ACボルドー・シュペリュール/赤・フルボディ)
ヴァイオレットの輝きが残る若々しい赤紫色。澄んだ照りの中の紅色の深みが印象的です。黒系のベリーの香りに、ミントのスパイス。時間とともに熟れた果実香も出てきます。軽快でバランスの取れた酸味とタンニンの中に、フレッシュな果実味が感じられます。余韻もスムーズで、飲み心地良いワインです。
品種:メルロー45%、カベルネ・ソーヴィニヨン20%、プティ・ヴェルド15%、カベルネ・フラン10%、マルベック10%
合う料理:牛サーロインステーキ 黒コショウソース、ローストチキン トマトソース

マルゴー島の自然が織りなす神秘のワイン
マルゴー◆かつてシャトー・マルゴーが所有していた
ジロンド河にぽっかり浮かぶ伝説の島

 メドック・マルゴー村の中心部からおよそ1600m。ジロンド河の中洲に、わずか24haの島があります。マルゴー村に属するこの島は、「イル・マルゴー=マルゴー島」と呼ばれています。ジロンド河の中洲には7つの島がありますが、メドックの岸にもっとも近いのが、このマルゴー島です。
 1740ー1875年まで、あのシャトー・マルゴーが島を所有。土壌はシャトー・マルゴーに近似した粘土砂質で、気候はメドックの陸地より温暖。霜害や干害に見舞われることがありません。河は海とつながっているので、満潮には適度な水分が、干潮には自然な水はけとなり、河霧に包まれた神秘のテロワールを形成しています。
 また島の利点として、フィロキセラをはじめとする害虫に侵攻される心配がなく、ぶどう樹も接ぎ木ではなく、原木のままです。島への橋はなく、東側斜面を下りた河畔からボートで渡ります。2001年から新たに所有者となったファヴァレル家は、畑とセラーの大規模な改修に着手。2001年ヴィンテージ早々から、素晴らしいワインを生み出しています。島はACマルゴーの域外で、ボルドー・シュペリュールのカテゴリーですが、メルロー主体の濃密でシルキーなワインは、テロワールの不思議と相まって、とてもミステリアスで魅惑的な味わいとなっています。
マルゴー◆マルゴーにあってもボルドー・シュペリュール
行政区分では島はマルゴー村にありますが、原産地呼称ではACマルゴーを名乗れず、ACボルドー・シュペリュールとなります。島という独特な地形が議論を生み、本土でないと見なされ、ACマルゴーから外された歴史があります。その結果、シャトー・マルゴーが島を売却することになりましたが、テロワールはマルゴーのまま、よりお求めやすい価格でお届けできるようになりました。


             

ワインのお届け内容・ソムリエコメント

●ドメーヌ・ド・リル・マルゴー・オーガニック’19
(ACボルドー・シュペリュール/赤・FB)
☆サクラアワード金賞
◎樽熟12ヵ月

ぶどう品種:メルロー45%、カベルネ・ソーヴィニヨン20%、プティ・ヴェルド15%、カベルネ・フラン10%、マルベック10%
合う料理:牛サーロインステーキ 黒コショウソース、ローストチキン トマトソース

ヴァイオレットの輝きが残る若々しい赤紫色。澄んだ照りの中の紅色の深みが印象的です。黒系のベリーの香りに、ミントのスパイス。時間とともに熟れた果実香も出てきます。軽快でバランスの取れた酸味とタンニンの中に、フレッシュな果実味が感じられます。余韻もスムーズで、飲み心地良いワインです。

●750ml
※FB=フルボディ

(株)ベルーナは通信販売酒類小売業免許を付与されています。
※20歳未満の飲酒は法律で禁止されています。

7783152

おすすめの特集