真夏の大セール

カテゴリからお好みのワインを探す

ご利用について

12年連続ワイン通販国内売上No.1

ワインに合うお料理レシピ ワインに合うお料理レシピ

19
イタリアンカラーで元気に美味しい一皿
豚バラのグリル自家製トマトソースで

> このページを印刷する

スマホでレシピを見る

13

豚バラのグリル自家製トマトソースで
材料

2~4人前

A.グリル
豚バラ…………………………………………………300g
エリンギ………………………………………………1本 /ひと口大に切る
ほうれん草……………………………………………1束/ざく切りにする
にんにく………………………………………………1カケ/みじん切り
塩、コショウ…………………………………………ひとつまみ
オリーブオイル………………………………………大さじ1

B.ソース
ミニトマト……………………………………………10粒
黒オリーブ……………………………………………2粒/スライス
白ワイン………………………………………………大さじ3
バター…………………………………………………10g
乾燥バジル……………………………………………ひとつまみ
塩、コショウ…………………………………………少々
フライパンの残り油…………………………………豚バラと野菜を焼いたあとに残ったもの

作り方
  1. ①フライパンにオリーブオイルをしき、にんにくが香ったら豚バラを並べ、両面がこんがりキツネ色になるまでグリルする
  2. ②豚バラが焼き上がったら同じくフライパンでエリンギとほうれん草をさっと炒める
  3. ③グリルした豚バラと野菜を皿に盛り、フライパンの残り油でソースを作る
  4. ④半分に切ったミニトマトと黒オリーブを炒め、ソースの調味料を全てを加えて煮くずれしてくるまで軽く煮詰める
  5. ⑤盛り付けた豚バラの上にソースをかけたら完成

vol.19
今さら聞けないワインの教科書

鍋料理とワインを合わせるコツ

寒い季節はやはりお鍋、最近はワインと一緒にという方が増えています。
お鍋の種類よってタイプが違うワインを楽しめる、いつもの鍋料理もワインと組み合わせると食卓が華やぐのが人気の要因でしょうか。
一般に、ワインと料理は色を合わせるのがコツと言われますが、鍋料理の場合は、ワインの色とスープの色を合わせるのがそのコツです。
たとえば・・・

  • 豆乳鍋、もつ鍋(白湯)……色が濃いめ、ボリューム感のある白(ヴィオニエ種など)
  • 水炊き………………………色が薄めのさっぱり系白(ソーヴィニョン・ブラン種など)
  • トマト鍋……………………そんなに色が濃くない赤(サンジョベーゼ種など)
  • キムチやチゲ鍋……………ロゼワイン、またはスパイシーな赤(シラー品種など)
  • 関西風すき焼き……………色の濃くない赤(アメリカのピノ・ノワール品種など)
  • 関東風すき焼き……………色が濃いめの赤(ローヌのグルナッシュ品種など)

どんな鍋にも合うのは辛口のスパークリング、人数が多い時は左記のワインとともに用意しておくと喜ばれます。
なお、ワインをたっぷり、メインの水分として使う「ワイン鍋」という新感覚の鍋もあります。ワインにはもちろん合うのでご興味のある方はお試しを。

レシピ一覧

  • 湖山くれみ
    湖山くれみ
    レシピ監修
    レシピ監修
    湖山くれみ
    料理研究家/フードディレクター
    TVや雑誌のフードコーディネートやスタイリング。メディアへのコラム執筆やレシピ監修、書籍、広告撮影など企業向けのフードサービスを幅広く実施し「テーブルを囲むと笑顔になれるfoodderection」の数々を展開中。美容師免許、食品衛生管理責任者、ホームパーティー検定1級を持つ。絵や音楽、アートを好み世界中を旅しながらインスピレーションを受けた各国の料理やパーティースタイリングには定評があり国内外から注目されている。2017年~キッチンアパレルブランド「escargot」を手がけ、オリジナルエプロンのプロデュースにも従事。
    【facebook】 https://www.facebook.com/kuremi.art
    【Instagram】 https://Instagram.com/kuremi.art @kuremi.art